1/144 SYCOMMU SYSTEM ZAKU


旧キットMSVシリーズです。
大昔のキットなので、あまりにズングリ、ムックリした体型を現代風にアレンジする事を目標に制作しました。
極力キットを使い元のデザインを壊さないように、使えるパーツはキットの物をそのまま使用出来るようにアレンジしています。
【改修】

■頭部

モノアイスリットを大幅に幅詰め。
モノアイ部分はサカツウのプロジェクターライトとHアイズの2重構造にしてみました。
内部を全て作り直し、モノアイは左右にのみ可動します。
頭部の幅を1mm幅詰め。
先端のダクト部分は一旦切り離して約2mm幅詰めした後接着しました
先端のダクトは0.3mmのプラ板で作り直し。
左右のダクトも枠を作って0.3mmのプラ板で作り直しました。

■胸部
内部にHGUC旧ザクの腰廻り及び首関節を仕込んであります。
胸上部はエポパテから削り出した物を使用。
その下の蛇腹っぽいパーツもエポパテからの削り出しうぃ使用。
左右肩ブロックは3mm幅増しして前方にもエポパテにてボリュームUP
肩関節はHGCU旧ザクの物を使用しました、
前のバーニーアーはHGUCジオングの物を少々形状変更してレジンで複製した物を使用してます。

■腰部
腰に関節技を入れて可動するようにしています。
その際スイングした時内部が丸見えになってしまうため、カバーをプラ板にて制作しました。
これにより胴体が5mmぐらい延長されています。
スカート後ろの2基のバーニアーは基部にボールジョイントを入れて可動可能に。

■肩部
肩アーマーの内側にエポパテで作った装甲の裏を付けました。
肩ブロックはHGUC旧ザクの物を移植。
アーマーを大型化したかったのですが、出来るだけキットの物を使いたかったので、外側に付けるアーマーをエポパテで制作。

■腕部
上腕が余りに短いので、MGザクの物を加工して移植。
肘関節のパーツをプラ板で作り直し。
手の平をエポパテで形状変えました。
指はエバグリのプラパイプで全て作り直し、先端にビーズを仕込みました。
バーニアーは市販の物に変更。
■脚部
ユニット本体に延長用の8mmのスペーサーをプラ板の積層で制作後レジンで複製。
それに伴い4隅の丸い部分もプラパイプで延長。
ランディング部分のシリンダーを全てプラ材で製作。
前後左右のメインの6本のシリンダー内部にスプリングを仕込んで、全体の重さを支えさせています。
ランディングギアは底面にプラ板を張ってやや大型化
バーニアーは市販の物に変更

■バックパック
市販のチューブと真鍮パイプで制作。
下部の基部はエポパテで作り直し。

【塗装】

白=Fファンデーションホワイト+Cブラウン+Cグレーバイオレット
薄いグレー=Fファンデーショングレー+Fファンデーションホワイト
濃いグレー=Cニュートラルグレー+Fピュアブラック+Cミッドナイトブルー

戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO