HGUC Shar's Rick Dom

HGUC Shar's Rick Dom
MGの時にしなかった工作を追加して、制作していきました。
シルエットはMGに近くなっています。
今回はMGの時とは逆に極力筋彫りを無くしてノッペリさせてみました。
【制作工程】

《頭部》
モノアイを市販のパーツに変更
モノアイスリット(赤いパーツ)の十字部の高さを1mmつめています。
後頭部を丸く整形

《肩〜胸部》
肩を2mmほど上げています。
胸を前方へ、2mmボリューム増し
背中はバックパックを付けるためバーニアー基部を全て埋め、フラットに
肩アーマーは怒り肩になるように、パテでボリュームUP

《腕》
上腕を1mmほど一回り太くしました
肘部分に5mmプラ棒で、アーマーを追加
プリンを市販のパーツに変更して中にプラ板を追加して塗り分けています。

《腰》
Fアーマーを10mm延長
サイドアーマーを6mm延長して内側のモールドをプラ板で制作
Rスカートをパテ等で大型化
裏側をプラ板でディテールUP
その際強度を出す為中に1.2mmの真鍮線を7本扇状にいれています。

《脚部》
太腿下部をパテでボリュームUP
膝にプラ棒で、アーマーを追加して、裏側をエバーグリーンのプラ板で、ディテールUP。
スカートの脛部分をプラ板にて魚のシッポ状に形状変更
スカートの後ろ側の合わせ目は上部のホ−ムベース形の所はプラ板を貼り、下側はパネルラインにしました。
その際、真中で上下にそれぞれ左右にラインを振り分け、段違いとしました。
つま先部分はプラ棒にて延長
足裏はバーニアー類を開口して、メタルビーズ、パイプMAXにてディテールUP
足スカート裏の3連バーニアーは全て切り落として市販のバーニアーに変更
中心に1mmの真鍮パイプでディテールUP

《バックパック》
オリジナルで、プラ板からスクラッチして、バーニアー類は市販のパーツを使用
プロペラントはMG ガンダム4号機の物を軸受けを変更して使用

《バズーカ―》
センサー部分をパイプMAX、真鍮パイプでディテールUP

【塗装】
赤:Fシルクレッド+Fファンデーションホワイト+K蛍光ピンク+K蛍光レッド
茶:Kブラウン+K蛍光レッド+Kオレンジ
グレー:適当
関節グレー:Kグレーバイオレッド+Fファンデーションホワイト
バーニアー:Fピュアブラック塗装後、Kクロムシルバー→Kクリアーレッド
バックパック:Fピュアブラック+Kグリーン+Fファンデーションホワイト

デカールは水転写を使用

Top

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO